選りすぐりの一番茶を使用 大雲取 100g【両谷園】

¥1,000

農薬、化学肥料を使わない煎茶は
嫌な渋みやえぐみ、過度なうまみがありません。
そのぶん、おだやかな甘みと
優しい香りが広がります。

グラグラの熱湯ではなく、
一度湯呑みで受けたお湯を使うと、
味が柔らかくなるので、おすすめです。

煎茶にする茶葉は、一番茶のなかでも
とくに選りすぐったものだけを使います。
正直なところ、
大雲取よりも上ほうじ向けの茶葉として収穫する方が
収量も確保でき、お茶農家としては儲かるそうです。

それでも、
「一番いい茶葉は大雲取(煎茶)にしたい」
と、
いい茶畑の茶葉は、
やっぱり毎年大雲取にしてしまうのだそう。
儲けだけではなく、納得して作れることを大切にする
両谷園の姿勢が垣間見えるエピソード。
お茶農家のプライドが詰まった煎茶
と言えるかもしれません。

商品カテゴリー: タグ:

説明

一番摘みの茶葉の中でもとくにやわらかな新芽だけを選び、美しい水色に仕上げた煎茶です。

製茶を担当する工場長が製茶機の間を走り回り、 状態を見ながら火加減を細かく調整。
香りを引き出しながらも色みを損なわない絶妙な蒸し具 合に仕上げています。

熊野三山参詣最大難所であり「流れる雲に手が届く」といわれた大雲取山のような高みをめざし、
茶葉の栽培も製茶も 丹精を込めました。

食後の一杯にはもちろん、 おもてなしのお茶としてもご活用ください。

おいしい淹れ方

茶葉の目安:ひとり分150ccに軽く大さじ1杯(約3g)

急須に茶葉を入れ約 70°Cくらいに冷ましたお湯を注ぎ、1分半ほど待つ。
茶葉が開き出したら、濃さが均一になるよう湯のみにまわし注ぐ。

追加情報

重さ 100 kg